吸血鬼の行くスカイリム3 -ミルムルニル~サーロクニル戦-

Drem Yol Lok、こんにちは万年不眠症のyousukeです。
別に寝てない自慢してるわけじゃないです、ガチで辛いんです。
眠いのに床についても全然寝れず、せっかく眠れてもその眠りが浅く、2・3時間・・・酷ければ1時間おきくらいに目が覚めます。
で、決まって朝は悪夢で眼を覚まします、どんな夢だったかは忘れたけどね。

まあ、そんな身の上話はどーでもいいとして、今回は久々に吸血鬼さんのプレイ記録となります。
SS自体はPCを修理に出す前に撮り溜めておいたものなので、ちょっと古いやつとなります。

ではでは始めるとしましょうか。


さて、それでは前回の続きから行きましょうか。
img2015_06_14_001.jpg
イリレスさんの迷演説を聞きつつ西の監視塔へ向かいます。

img2015_06_14_002.jpg
西の監視塔が燃えている。
いよいよ時が来ました・・・

遥か彼方から聞こえる咆哮・・・近づいてきます!
img2015_06_14_003.jpg
「モラグ・バルよ、我に加護を・・・!」




img2015_06_14_004.jpg





いよいよやってまいりました初ドラゴン戦です。
はたして主人公は焼き吸血鬼にならずにすむのでしょうか?
結果は・・・
img2015_06_14_005.jpg
見よ、このタフネス。
これ、一応ファイアブレスを丸ごとくらった後のSSなんですけど・・・ちっとも効かないぜ!!
img2015_06_14_006.jpg
ファイアストームも焼け石に水。
噛み付きは相変わらず強いのでキルムーブくらわないように、ヘルスに余裕を持たせることさえ意識すれば・・・
「勝てる、勝てるぞぉ!!」
img2015_06_14_007.jpg
最高のタイミングでこちらのキルムーブが発動。
ちょうど、ドラゴン戦BGM"One They Fear"の「アー!アー!アー!」のコーラス部分で発動したので脳汁でまくりでした。

と、いうわけで戦闘時間はちょっと記憶があやふやですが、だいたい5分くらいでした。
入念に下準備したおかげですね。
img2015_06_14_008.jpg
あとはいつもの展開です。
ホワイトランに報告へ戻る途中にグレイビアード達の「どっばぁきぃぃぃん」というシャウトを聞きつつ、バルグルーフ首長のもとへ行き、色々話した後にハフロスガーに行く事になるという、もう何十回と通ってきた展開です。
それと、ついでにホワイトランの従士になりました。
私兵のリディアをフォロワーにできますが、私は基本的に一人旅が好きなのでホワイトランの警備でもしててもらいましょう。
img2015_06_14_009.jpg
「悪いが一人のほうが気が楽なんでな・・・」

なにせ、スカイリムのフォロワーはなんと言うか、追従性が無茶苦茶悪い(自分のペースで走っていたらあっという間に視認不可な程の距離が開いてしまう)のであまり連れ歩く気にならんのです。
あのいちいちワンテンポ遅れる挙動は次回作で改善してほしいものです(ドラクエの仲間みたいにピッタリ着いて来てくれるだけでいい)。

話がそれましたね、それではハイフロスガーに向かうとしましょう。
img2015_06_14_010.jpg
道中、うっかりウィスプマザーの奇襲を受けてしまいました。
ちょっとあせりましたが、周囲のウィスプさえ片付けてしまえば、ウィスプマザー自身の攻撃(冷気魔法主体)はこの吸血鬼にはたいしたこと無いので返り討ちにすることができました。

img2015_06_14_011.jpg
少し進むと、トロールと傭兵が死闘を繰り広げていました。
傭兵はトロールの弱点である火炎魔法を使ったりとわりと善戦していたのですが、トロールに火力負けしてしまい、あえなくソブンガルデ行きとなりました。
そして弱ったトロールに止めを刺して、傭兵の遺品とトロールの素材を入手。
まさに漁夫の利ってやつです。

img2015_06_14_012.jpg
イヴァルステッドに到着―――した瞬間にドラゴンが来襲。
ブラッド・ドラゴンです。
img2015_06_14_013.jpg
こちらのドラゴンは氷属性だったので難なく撃破。
ノルドの冷気耐性50%に吸血鬼の冷気耐性50%が加わったこの吸血鬼に冷気など恐るるに足りません。

この後、すぐに七千階段を上ろうと思ったのですが、ドラゴン襲撃の騒動でいつもついでにお使いをするクリメクさんがどこかへ行ってしまいました。
仕方ないのでイヴァルステッドに少し留まることにします。

img2015_06_14_014.jpg
暇なので近所の墓地を探索。
ウィンデリウスさん毎度、お疲れ様です。
と、ここでよからぬ考えが浮かびます。
「この檻を即行で開けて斬りかかったらどうなるんだろう?」
早速実行します。
img2015_06_14_015.jpg
img2015_06_14_016.jpg
お判りいただけただろうか?

・・・なんとこの人、レバー動かした瞬間消えやがりました。
もしかしてこっちは本当に幽霊だったんじゃ・・・

ともかく、この後ウィンデリウスには本当の幽霊になってもらいまして、墓地も隅々まで探索してたらすっかり夜も明けましたので、川辺にボーっと突っ立っているクリメクからミニクエストを受けました。
しかし、日中の行動は吸血鬼にとっては自殺行為、宿屋で夜になるまで待ちます。
img2015_06_14_017.jpg
宿屋での一幕。

img2015_06_14_018.jpg
夜を待ってハイフロスガーへ。
img2015_06_14_019.jpg
夜分遅くに失礼します(※深夜2時です)。

で、ウステングラブまで角笛取って来いというところまで進行したところでちょっと休憩。

img2015_06_14_020.jpg
気分転換に着替えることにします。
これは"Lustmord Vampire Armor"というModの衣装です。
img2015_06_14_021.jpg
付属のベールを被るとなかなかいい感じの雰囲気になります。
あと胸がヤバイです。
ちょっと前にコメントでも書きましたが、この吸血鬼さん、重量スライダーMAXなので衣装Modによっては胸とか尻がやばい事になります。
つまり、私はボインが好き。
ちなみに胸に着けてるのは前に倒したミルムルニルの鱗のアミュレットです。

img2015_06_14_022.jpg
さて、付呪かけるか~と思って外に出た瞬間、再びドラゴンの来襲に会います。
「ヤバイ!」と思ったものの幸い、こいつも氷属性のドラゴンでした。
ならば恐るるに足りません。
img2015_06_14_023.jpg
またしてもキルムーブ発動、なかなかカッコいいSSが撮れました。

準備を整えて出発します。

img2015_06_14_024.jpg
誰でも受け入れすぎや!!
「私は、吸血鬼なんだけど吸血鬼ハンターに仲間にならないかと誘われた・・・何を言ってるかわからないと思うが私にもわからん」
クエスト"ドーンガード"開始ですが、これの消化はまた後にします。

で、節穴吸血鬼ハンターをスルーしつつウステングラブまで行き、なんだかんだあってリバーウッドのスリーピングジャイアントまでやってきました(飛ばしスギィ!)。
・・・このあたりはSS撮るの忘れました、ゴメンネ。

img2015_06_14_025.jpg
デルフィンの話を聞きつつ、カイネスグローブへ2番目のユニークドラゴンと戦いに行きます。

話はそれるけど、英語版のデルフィンの声って凄くクールですね。
日本語版だと本当に口やかましいオバちゃんでしたが、英語版ではいかにも歴戦の女戦士な口調でとてもカッコいいです。

カイネスグローブへ向かう前にハイフロスガーに寄り道します。
img2015_06_14_026.jpg
揺ぎ無き力の最後のシャウトを取得、これで戦闘がかなり楽になります。
ちなみにこのグレイビアードが主人公に知恵を与える演出では、実際に彼らのヘルスが減っているのです。
この演出が入る直前に揺ぎ無き力などを当ててヘルスを見えるようにすると良くわかると思います。
おじいちゃん達、無理せんでええんやで・・・


img2015_06_14_027.jpg
寄り道も終えたところでカイネスグローブに到着、アルドゥインがドラゴンを復活させている現場に遭遇します。
そして・・・

img2015_06_14_028.jpg
「我が主に変わり、このサーロクニルが相手となろう、定命の者よ」
「来い!ドラゴン!」




img2015_06_14_029.jpg




サーロクニルは氷のストームコールを使う厄介な相手です。
img2015_06_14_030.jpg
これ、絶対入ってるよね・・・
img2015_06_14_031.jpg
「我が冷気により凍りつくがいい!」
「ぐぐぐ・・・か、体が・・・ッ!」
極寒の冷気の前にデルフィンは堪らず膝を着きます。
img2015_06_14_032.jpg
「ははは、ちょうど良い涼しさだ!」
「なっ!我が冷気をものともしないだと・・・!?」
が、吸血鬼である主人公にとってはそんなものはそよ風程度のものです。

あえなくフィニッシュ。
img2015_06_14_033.jpg
「む、無念・・・」


と、いうわけで長くなりましたが今回はこれで終了です。
この辺りからメインクエストを進めるか進めないか迷い始める頃ですが・・・今回はどうしようかなぁ・・・。
まあ、プレイしながら適当に考えるとしますか。








おまけ
img2015_06_14_034.jpg
寝相の悪いミラベルさん。
・・・いや、本当にこの体勢で寝てたんですってば!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

>Lustmord Vampire Armor
前回の記事で「この装備カッコイイけど何かな?」と思ってました。
ヴェール(帽子?)が凄くオシャレ…!ドレスはムリっぽいけど、ヴェールだけでも入手してみようかしら…。

吸血鬼ノルドだと氷ドラゴンのサーロクニルさんは相性抜群ですねw
ノルドでも格段に楽だったので、吸血鬼ともなるとどれだけサーロクニルさんは絶望したことかww
それにしても、私は吸血鬼プレイをしたことがないのですが、ここまで夜のSSが続くと雰囲気ありますね!
何と言うか、まさしく「夜の住人」って感じです。売買とか大変そうですがw

No title

>>Khajiitaさん

>ここまで夜のSSが続くと雰囲気ありますね
>まさしく「夜の住人」って感じです。売買とか大変そうですが

基本的に夜しか行動できないから自然とそんなSSばかりになってますねw
なにせ、昼間はヘルス、スタミナ、マジカが回復しない上に最大値も下がるしで踏んだり蹴ったりですから・・・
売買に関しては・・・しょうがないので日中に街中を走り回ってます。

一番困るのがいきなり喧嘩売ってくる系のランダムイベントに遭遇した時ですね・・・あと、ドラゴン。
ドラゴンは愛があるので無問題ですが、それ以外は殺意が沸きますね、特に吸血鬼とか・・・
・・・吸血鬼なのに一番嫌いな敵が吸血鬼って・・・
プロフィール

yousukeVE

Author:yousukeVE
TESV:Skyrimのプレイヤーにて大のドラゴン好きのyousukeVEと申します。
ちなみに読みは「ようすけ」じゃなくて「ゆーすけ」です。
最後の"VE"は別に読まなくていいです。

最近はFallout4に浮気気味。

生態:主な活動時間は午後6時から午前0時前後。(日曜、祝日を除く)

Nexusにて"yousukeve"の名で自作Modをアップロードしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR