Chaos Dragonsを振り返る

みなさんこんにちは、yousukeVEです。
今回の記事では現時点で私が一番力を注ぎ込んだModであるChaos Dragonsについてあれこれ振り返ってみたいと思います。
開発秘話とか設定とか、あれこれ長く語りますので、お前の話なんて聞きたくないという方は続きを読まないようにしてくださいね。


●一番最初のコンセプト
ChaosDragonsの前身ModであるTheNewDragonsからさらにさかのぼる話ですが、実はこれより前に「EvilDragon」というModを制作しておりました。
これはユニークなドラゴンEvilDragonを追加するというModなのですが、リリースする事はなく、この時作成したドラゴンのモデルを元にTheNewDragonsを制作しました。
そう、何を隠そう、私が一番最初に作ったドラゴンはChaosDragonsにも登場するEvilDragon(イヴィル・ドラゴン)なんです。
この子→cd_dragon_1_4_025.jpg
このときのコンセプトは一風変わったドラゴンの追加。
それからより多くのドラゴンを追加しようという風に変わって、TNDが作られ、次にバニラのドラゴンをオーバーホールしてしまおうということでCDに派生していきました。


●苦労した点とか
全部。
モデル制作、ESPの設定、スクリプト、アイテム制作、デバッグ…
やる事が多すぎて滅茶苦茶大変でした。


●ボツ要素
没になったドラゴンのモデル数…少なくとも20体以上。
理由は単に完成時のクオリティが低かったり、途中で制作を投げ出してしまったり…と色々。

アーマード・ドラゴンって実は鋼鉄・エルフ・デイドラとあと3種作る予定だったんですよ。
でも黒檀と碧水晶作った時点で飽きちゃって…デイドラとエルフは出来てますが、なんかデザインに納得いかなくて没。
鋼鉄は作りかけの状態で放置しちゃってます。

プリースト・ドラゴンなるマスクド・ドラゴンの派生ドラゴンも制作してましたが、没に。
理由は容姿の差別化が上手くいかなかったため。

オールド・ドラゴンというパーサーナックスみたいな老竜も作ってましたが、没に。
理由は年老いた感じにデザインできなかったからです。
ちなみに、このとき作ったモデルを改変したのがブルート・ドラゴンです。

追加クエスト「アルドゥインの逆襲(仮題)」
というクエストを作ってたんですが、没に。
ドラゴンスレイヤー完了後、アルドゥインが復活。ドラゴンボーンは復活したアルドゥインと戦うも敗北、パーサーナックスは殺害され、世界は滅び行くかに思われた。
その時、天から降り注いだ一つのアミュレット、ドラゴンボーンはこれを知っている。
今、自分の生まれた意味を知った、行こう、数多の英雄達の下へ…。
と言う感じのストーリーになる予定だったです。言うまでもなく前作オブリビオンのオマージュ。
ちなみにクエスト完了後、プレイヤーは転生と言う形でヘルゲンで再び目覚めるという感じで締めるつもりでした。
完成度は30%くらいか…その辺りまで来た所で「こりゃ自分には無理だ」と思ったのでやめてしまいました。

追加クエスト「続・究極兵器(仮題)」
というクエストは構想のみで没に。
既に追加されている究極兵器の続編でエセリウム・ドラゴンMk2(仮名)との戦いを予定してましたが、他にやりたいことがあったので、そちらを優先しました。


●ドラゴンのデザインあれこれ

-ゼノドラゴン、クイーン・ゼノドラゴン
モチーフはワラスボです。ちなみに開発時の仮名は「warasubo_dragon」でした。
他にもエイリアン(同名の映画のやつ)的な要素も入れてたりします。

-バーサーク・ドラゴン
モチーフは遊戯王の「バーサーク・デッド・ドラゴン」この他にも本Modのドラゴンのデザインには遊戯王を参考(パクリとも言う)にしたものが結構あります。

-クリスタル・ドラゴン
旧デザインのモチーフはファンタシースターオンライン2の「クォーツドラゴン」です。
新デザインの方はファイナルファンタジー11の「水晶龍」がモチーフになってます。

-ホワイトホーン・ドラゴン
モチーフは地球防衛軍4に登場する「グレーター・ワイルド・ドラゴン」です。頭部や首側面のトゲトゲ等を参考にしました。

-ポイズン・ドラゴン、ヴェノム・ドラゴン
いわずものがな、毒蛇がモチーフです。
ポイズン・ドラゴンはマムシやハブのような毒蛇の特徴である三角形の頭、
ヴェノム・ドラゴンはコブラのような首周りに尻尾はガラガラヘビっぽい装飾をつけました。

-サイクロピア・ドラゴン
単眼症の魚の画像を基に作ったのですが、画像検索時に一緒に出てきた単眼症の赤ちゃんの写真は、今でもたまに夢に出ます。

-シー・ドラゴン、オーシャン・ドラゴン
それぞれサメと鯨がモチーフです。変わったデザインのドラゴンを作る時はサーペント・ドラゴンのモデルは便利ですね。

-ブルート・ドラゴン
学生時代の同級生…ではないんだけどなんか似てると個人的に思ってしまう…。
「どんな顔だよ」と思われるかもしれませんが、本当にこんな雰囲気の顔だったんですよ。


●エセリウム・ドラゴンあれこれ

-このドラゴン関連のクエストは本当はもっと作りこむ予定だった。
具体的には追加のダンジョンを作成予定だったのですが、技術的問題(現在は解決)が発生したので現在の形となりました。
今から作り直すことも考えましたが、セーブデータへの影響も考えて現状保留しています。

-エセリウム・ドラゴンのデザイン
モチーフは遊戯王の「アンティーク・ギア・ガジェル・ドラゴン」なんですが、全然面影無いですよね。


●ナファーリラーガスあれこれ

-ナファーリラーガスの名前
TESの過去作に登場したドラゴンですが、スカイリムでは特に言及されておりません。
日本語の資料も無いので、私の拙い英語力で色々調べてたんですが、
困ったことに彼が登場した「TES Adventures Redguard」においてなんと名前の表記ゆれがあるのですよ。
私の記憶が正しければ同作のOPにて彼は字幕で「Nafalilargus」と表記されていたのですがその後のイベントでは「Nafaalilargus」と表記されています。
結局「Nafalilargus」で検索した場合、Google先生が もしかして:Nafaalilargus と言ってくれるので「Nafaalilargus」を採用しました。
これの日本語表記も迷いました。
「ナファリラーガス」か「ナファリラルガス」か「ナファーリラーガス」か「ナファーリラルガス」か…。
最初は「ナファリラーガス」がなんとなく呼びやすいのでそう呼んでたのですが、結局採用したのは「ナファーリラーガス」になりましたね。
しかし、今更ながら「Lar」はスカイリムのモデルである北欧風に読むと「ラー」じゃなく「ラル」と発音するんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?

-ナファーリラーガスのデザイン
ナファーリラーガスのデザインは「TES Adventures Redguard」のOPで描かれるイラストと実際に登場した時の彼のCGを元に決めました。
資料があまり多くなかったので多くの部分を想像で補う必要があり、過去作をやったことがある人から見れば「コレジャナイ」感があるかもしれませんね…。


●ヌーミネックスあれこれ

-ヌーミネックス戦は構想段階ではアンソール山で行う予定だった。
伝説に語られるようにアンソール山にてシャウト対決とか胸熱な展開じゃないですか?
それで導入部分ではホワイトランで大暴れするヌーミネックスを描くなどしたいなぁと思ってたのですが、結局ボツに。
理由はホワイトランのセルに変更を加えたくなかった事。既存のセルに変更を加えるとそれだけ他のModとの競合問題が発生しやすくなります。
故に既存セルの変更は最小限にしようと言う事で、現在のようなクエストデザインとなりました。

-ヌーミネックス第4形体は巨大化したヌーミネックスとの決戦の予定だった。
第4形体作成時に実際に巨大なヌーミネックスを配置して色々試行してましたが、結局イベントを上手く制御できなかったので今の形になりました。

-ヌーミネックスのデザイン
ヌーミネックスは劇中にて頭蓋骨のみが登場しますが(ホワイトランの玉座の上)見た目は普通のドラゴンの骨と差異はありませんので、それを意識し、
かつ冷気のドラゴンであるという作中情報を元に、フロストドラゴンっぽいトゲトゲかつシャープなフォルムを目指しました。
ベースは通常のドラゴンの骨格、霊体部分はパーサーナックスのスキンをベースとして作りました。


●邪悪なるモノあれこれ

-邪悪なるモノの正体
邪悪なるモノはドヴァキンが数多に倒し、吸収してきたドラゴン達の魂のかけらがドヴァキンの心の闇に反応し、集合し、形を成したもの。
これが出現する悪夢の世界はドヴァキンの暗黒面の精神世界で、登場するドラゴンはドヴァキンの記憶から作り出される幻影である。
ここで様々なドラゴンといつでも戦えるのはドヴァキンが持つ力への欲求の表れ。
邪悪なるモノの最終目標はドヴァキンを支配すること。多くのドラゴンボーンが堕落していったのも己の中の邪悪との戦いに敗れた為。

-ヌーミネックスの呪い
これらはヌーミネックスの呪いが引き金となっており、知らず知らずのうちにヌーミネックスの魂を取り込んでしまったドヴァキンの精神は侵食され、増幅された心の闇に吸収したドラゴンの魂が反応し、邪悪なるモノの誕生へと繋がった。
たとえ"あなた"が邪悪なるモノを倒したとしても、"あなた"が"あなた"である限りこの呪いが解けることは無い。
また次の邪心があなたを蝕み続けるだろう。
ヌーミネックスの復讐は完了した…

なんか後味悪いけどヌーミネックスの叫び~ドラゴン・トーナメントまでのクエストのストーリーは個人的にこんな感じです。
これは胸糞、バッドエンド大好きな作者の妄想ですので、無視してくれても全然構いません。
皆さん独自の世界線での設定で遊んでくださいね。




その他にも色々あるのですが、自分の中でも上手くまとめられませんね…というかChaosDragons自体、公開からもう1年以上も経ってるのか…。所々記憶があやふやな箇所がありますね。
この他にも何か思い当たるネタを思い出したら随時追加してみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

数多くの新たなドラゴンの追加から、ドラゴンのモーション、既存のドラゴンをより強く特徴的に、そして名前だけ出ていて触れられていなかったドラゴンに焦点をあてたクエスト…
本当に素晴らしいMODをありがとうございます!そしてお疲れ様です!ドラゴンのことでyousuke様の右に出る人はいないのではないでしょうか?笑

Re: No title

>>Ren さん
コメントありがとうございます。

私がここまでやれたのも、数多の先達がスカイリムやCKについて研究して、それを書き記しておいてくれたおかげです。
ドラゴンに関しても「私の右に出るものは―」と思いたいですが、やはり「かなわないなぁ」と思う人が沢山いますね。
愛だけならば誰にも負けないつもりなんですけれども(笑)

ともあれ、私のModをご愛顧頂き、ありがとうございます。
そういう方が一人でもいるだけでとても嬉しく思い、また励みになります。
プロフィール

yousukeVE

Author:yousukeVE
TESV:Skyrimのプレイヤーにて大のドラゴン好きのyousukeVEと申します。
ちなみに読みは「ようすけ」じゃなくて「ゆーすけ」です。
最後の"VE"は別に読まなくていいです。

最近はFallout4に浮気気味。

生態:主な活動時間は午後6時から午前0時前後。(日曜、祝日を除く)

Nexusにて"yousukeve"の名で自作Modをアップロードしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR